四条金吾殿御返事2

〔C6・建治元年七月二二日・四条金吾〕/態と御使ひ喜び入りて候。又柑子五十・鵞目五貫文給はり候ひ畢んぬ。各々御供養と云云。/又御文の中に云く「去ぬる十六日に有る僧と寄り合ひて候時、諸法実相の法門を申し合ひたり」と云云。今経は出世の本懐、一切衆生皆成仏道の根元と申すも、只此の諸法実相の四字より外は全くなきなり。されば伝教大師は万里の波濤をしのぎ給ひて相伝しまします此の文なり。一句万了の一言とは是れなり。当世天台宗の開会の法門を申すも此の経文を悪しく意得て邪義を云ひ出だし候ぞ。只此の経を持ちて南無妙法蓮華経と唱へて、「正直捨方便但説無上道」と信ずるを、諸法実相の開会の法門とは申すなり。其の故は釈迦仏・多宝如来・十方三世の諸仏を証人とし奉り候なり。/相構へてかくの如く心得させ給ひて、諸法実相の四つの文字を時々あぢわへ給ふべし。良薬に毒をまじうる事有るべきや。うしほの中より河の水を取り出だす事ありや。月は夜に出で日は昼出で給ふ。此の事諍ふべきや。此れより後には加様に意得給ひて御問答あるべし。但し細々は論難し給ふべからず。猶も申さば、それがしの師にて候日蓮房に御法門候へと、うち咲(わら)ひて打ち返し打ち返し仰せ給ふべく候。法門を書きつる間、御供養の志は申さず候。有り難し有り難し。委しくは是れよりねんごろに申すべく候。/建治元年〈乙亥〉七月二十二日日蓮花押/四条中務三郎左衛門尉殿御返事